◆關渡宮(グワンドゥーゴン)                 

 

關渡宮も龍山寺同様、台北に来たら必ずご挨拶に行く場所

關渡宮は正殿以外に他の廟では見られない洞窟の中に神様をたくさん祀ってあるという珍しい廟

神様の数も半端なく多いからお参りには時間がかかっちゃう!

 

時間がかかっても神様お一人お一人に丁寧に挨拶するのが礼儀でとっても大切なこと。

「面倒くさいからとばしちゃえ」なんて思ってる人の元にはご利益は来ないよ!

 


 

關渡宮は1661年(寛文元年)頃の創建。

寛文元年の日本は江戸時代で水戸光圀が2代目水戸藩主になった年です。

關渡宮は台湾北部最古の媽祖廟で主神は媽祖です

 

1階の中央は媽祖、向かって右側が観世音菩薩、左側が文昌帝君、

正殿左側を一旦外に出て「延平郡王(鄭成功)」

正殿の右側後ろには二十八の天王像を祀る「古佛洞」があり、

左側には十数体の財神を祀る「財神洞」あります。

「凌霄寶殿」には玉皇上帝、三官大帝、北斗星君、南斗星君、瑤地金母、東華帝君が祀られています。 

 

正殿の観世音菩薩です⇧

正殿の文昌帝君です⇧

 

古佛洞前にある「種福池」☝です。

色彩豊かな廟の中で、金色と赤色だけしか使っていない落ち着いた造りになっています。

 

 

關渡宮は淡水川の畔にあって、

前の道はレンタル自転車で走っていく人や河の船着き場からは淡水行の船もでてるよ!

河側から廟を眺めても壁画がとってもカラフルできれいだし、

知行路を淡水側に真っすぐ行くと財神洞の正面入り口に出るよ!

 

◇航海の女神「媽祖」(マーツー)

正殿の媽祖です⇧

 

台湾で媽祖を祀る廟は900余りと言われています。

廟によって媽祖のお顔も多少違っていて、yumeizuは龍山寺の媽祖が好きです。

玉すだれのような冠?帽子?かんざし?が特徴で美人ですね!

 

媽祖は実在の人物で中国福建省の莆田湄州の林さんちの六女として生まれています。

名前は林黙娘

黙娘は幼い頃から霊力があり非常に優秀でとても美しい女性でした。

とくに病を治し厄払いの能力がありましたが、

最も人々から尊敬されたのは海で溺れている人を助ける神通力でした。

 

漁師町の莆田湄州では漁に出る漁民が海で遭難したり船の転覆事故で亡くなる人が多ったのです。

そんな中助かって帰ってきた人は赤い服を着た少女が竹のむしろに乗って助けてくれたと必ず言ったのです。

助かり家にもどった人は家族が黙娘に助けを求めていたと知り黙娘の神通力に驚きました。

こうして黙娘は神格化され、航海の女神「媽祖」(天上聖母)として人々から信仰されるようになったのです。

 

媽祖のお誕生日の旧暦の3月23日は台湾全土の媽祖廟ではお祭りが行われます

 

 

媽祖の左右には「千里目」と「順風耳」という鬼が媽祖に付き添っています。

鬼がどうして媽祖に付き添っているか?これには伝説があって

千里目と順風耳は商朝の暴君であった王の兄弟で戦死して悪鬼になったのです。

媽祖が桃花山を通った時に二人の鬼はその美しい姿に一目ぼれし結婚を迫ります。

そして後に鬼と媽祖は決闘をし鬼は媽祖の法力の前に敗れ媽祖の下僕となったという伝説です。

 

世間の災難や悪事を千里目が見て、順風耳が聞いて媽祖に報告する役目も担っているそうです。

 

◇台湾の民族英雄「鄭成功」(ジェンチェンゴン)

延平郡王(鄭成功が神格化されています)⇧

 

延平郡王は台湾の英雄、鄭成功が神格化されたものです。延平郡王は台湾の各地でも祀られています。

鄭成功は1624年(寛永元年)九州平戸で生まれています。

この時代の日本は江戸時代で徳川家光が将軍になった年です。

鄭成功の父は海賊の頭をしていた鄭芝龍で、母は九州平戸の藩士の娘「田川松」です

今でいうとこの中国と日本のハーフですね!幼名は「福松」。

7歳まで平戸で育ちますが、父が中国明朝の将軍になった為に中国へ連れて行かれ

エリート教育を受け文武両道の青年になっていきました。

 

鄭成功は明朝の唐王にも寵愛をうけ「朱」という姓と「成功」という名を賜り、

国姓爺(国から姓を賜った身分の高い人のこと)と呼ばれるようになりました。

鄭成功は姓の朱は使わず名前を森から成功に改め、それ以来「鄭成功」と名乗るようになったのです。

しかし明は清に滅ぼされ、父芝龍は清に寝返り、父と息子は袂を分かち成功は明復興の為に兵をあげて戦いを重ねていきます。

明に寝返った父芝龍は15年後に処刑され殺されてしまいます。

 

 成功の母松は7歳の成功と別れてから15年後に弟次郎左衛門と一緒に安平城で成功と喜びの再会をしていますが、

その母も安平城を清に攻め落とされ、主君を裏切り敵方に寝返った夫のことを嘆き悲しみ

城から川に身投げして自害してしまいます。

 

明国復興の為に戦いを続けていた成功は、明に経済封鎖をされ一時兵を立て直す為に台湾に渡ります。

その時の台湾にはオランダが植民地として台南を占拠していたのを

成功は台湾住民の支持を得てオランダを台湾から追い出します。

 

せっかく台湾を手に入れた成功ですが、1年ももたずに38歳の若さで病死し、その後息子、孫と引き継がれますが

清に滅ぼされわずか23年という短期政権で終わってしまいます。

 

鄭成功のご遺体は長崎佐世保市に母の田川松と一緒に眠っています。 

yumeizu一度鄭成功のお墓詣り行きたいと思っています。

 

 

鄭芝龍もその息子だった鄭成功もハンサムだったらしいよ!

鄭成功に関しては若い頃に父の妾に手を出したなんて逸話もあるくらいだから、もてて女好きだったのかもね!

關渡宮の延平郡王の像も男前だもんね!

 

鄭芝龍は情勢不利とみるや使えた主君をさっさと裏切り敵方について義より利を優先するのは、中国人やなぁ~と思うし

主君は裏切れないとあくまで義を貫いた鄭成功は母親の武士の血を受け継いで日本人やなぁ~と思ってしまうよね!

昔から台湾と日本はどこかで繋がっていて縁ある関係だったんだね!

 

 

正殿から一緒にお参りして行こうね! 

◇古佛洞(グーホウドン)

 

古佛洞は正殿の右側に入口があります。

入ってすぐ寶臼(バオジョウ)が真ん中に置いてあります。寶は宝とも読みますので直訳すると宝の臼(ウス)

臼は餅つきをするときにおもちを入れる入物で日本では木でできていますよね!

古佛洞に入る時はこの寶臼をなでながらお祈りしてね、福を授けてもらえるんだって!

 

 

古佛洞の中には二十八天王がガラスケースの中に入って参拝者の人達を見守っています。

二十八天王は千手観音の守護神です。主な神は毘沙門天 帝釈天 阿修羅王などです。

二十八天王一体一体にご挨拶します。

 

 

古佛洞の正面は⇩千手観音です

千手観音はすべての人々を救済する慈悲深い神さまです。

千手観音には千本の手があり手のひらには目がついていています。

手は多くの人々を救済し、目は教え導く知として表されています。

ご利益は災難、延命、病気治癒などで現世利益のご利益もあり難産や恋愛成就に功徳があるとされています。

子年の人の守り本尊で、子年の人には開運、厄除、祈願成就のご利益があります。

 

 

古佛洞の正面は淡水に面していて2階になるので、階上から淡水河を眺めることができます。

屋根の彫刻も見事です。

 

 

古佛洞の中はちょっと長いよ!二十八天王像すべてにご挨拶にしていくからね! 

◇財神洞(ツァイシェンドン)

 

財神洞の入口は淡水側ですが、出口は正殿の左右にありここからも入れます。

洞の中は神様も壁画彫刻も金色で金ぴかです。

 

 

金色に輝いている通路には五財神が勢ぞろい!

yumeizuは一体一体に丁寧にご挨拶していきます。

 

まぁ yumeizuみたいにお参りしている人には会ったことないけどね!

みんなスゥ~と通っていくだけ。

 

 

財神洞出口側正面の「天官財神」⇧

 

 

財神洞出口側正面の「黒面媽祖」⇧

 

 

これだけたくさんの財神様にお目にかかれるのはたぶん關渡宮だけでしょう。

金色の壁画彫刻に描かれている神様は信者に黄金を与えてくださるそうです

yumeizuはよそ者ですが、よろしくお願いします。

 

 

出口から入って行くと最後は陰陽マークに突き当ります。

 

 

財神洞の正面は福徳正神です。

別名 城隍神や土地公ともいいます。

福徳正神は土地や不動産、商売、財をまもる神様です。

 

 

福徳正神の左右にひときわ輝いている「招財童子」「進賓郎童」

前にお金を積み上げて手にもお金を持ってます。

子供の神様で財運招来の神です。

 

 

知行路に面している財神洞の入口⇧です。正殿横は出口なります。

 

 

こんなたくさんの財神に会えることはないよ!案内してあげる!

◇階上の「凌霄寶殿」(リンシャオバオディエン)へ

 

正殿の右側の財神洞出口の横に階上に上る階段があります。

ここから「凌霄寶殿」に上がっていきます。

階上からの關渡宮の景色は絶景、淡水河を向うにみて、屋根の装飾は見事で豪華です。

 

「凌霄寶殿」の階上には、三官大帝、北斗星君、南斗星君、瑤地金母、東華帝君が祀られています。 

 


ゆっくり階上から眺めを堪能したら、龍柱や壁の彫刻の浮彫にも目を向けてください。

歴史物語を彫刻された壁画は精密で繊細な仕上がりになっています。

 

 

凌霄寶殿の主神は「玉皇上帝」別名「天公」とも呼ばれています。

玉皇上帝は道教の最高神で天界の支配者です。

地上、地底に住むあらゆるものの支配者でもあります。

(ゴメンなさい!写真はありません)

 


天地人を司る「三官大帝」⇧



神話上の仙人「東華帝君」 男の仙人を統率します⇧



神話上の仙人「瑤池金母」 女の仙人を統率します⇧



死を司る神「北斗星君」



生を司る神「南斗星君」

 

 

お参りの最後は凌霄寶殿だね! 階上からの眺めは最高だよ! じゃ 行こうか!

◇霊山公園(リンシャンゴンユエン)

 

廟の後方は小高い丘の霊山公園になっています。

晴れた日には淡水河や關渡大橋が綺麗に見えます。

また 廟の後ろの装飾は色彩豊かで豪華な造りになっています。

 

◇關渡宮までの行き方

 

關渡宮に行くにはMRT淡水線「關渡駅」で降ります。

台北駅方面からだと淡水行に乗って15駅目です。

駅に着いたら反対側の台北駅行方面のホームに渡ってこちら側の出口から出ます。

淡水方面ホームの出口から出てもいけますが、反対ホームから出た方がわかりやすいよ。

出口を出たら右方向に真っすぐ15分くらい歩くと着きます。

 

行き方は動画を見てね!

 


-----關渡宮----- 

住 所:台北市北投区知行路360号  ☎ 02-2858-1281   営業時間:6:00~21:00

※MRT關渡宮駅から徒歩約15分


 

關渡宮、とってもきれいな廟でしょ!

お商売をされている方や財運を願がう人はぜひ行ってみてね!

 

それに關渡宮の建ってる場所は風水でいうところの「龍穴」あたります。

「龍穴」とはエネルギーが集結する聖なる場所。

日本でも皇居や伊勢神宮、日光東照宮などは龍穴の場所に建立されています。

せっかく關渡宮まで行ったら、ゆっくり神様にご挨拶して

この土地の持つパワーを身体に取り入れて帰ってきてね。

 

 

場所の持つエネルギーって必ずあると思う!

空気がきれいで、緑が多くて、川があって水は澄んでて、ごみがなくてきれいに掃除されている場所

風水では風水的にいいと言われている土地から国を治める偉大な人物が生まれるとされています。

yumeizu