◆高雄市の街

<85ビルの階上から見た高雄市内>
<85ビルの階上から見た高雄市内>

 

高雄は台湾の島では南に位置し、一年を通して気温も温かく、1月2月でもコートなしで充分過ごせます。

台北からだと新幹線で1時間半~2時間で着き、高雄市内は地下鉄の南北に紅線、東西に橘線が市内を通っていて

高雄空港にも地下鉄の駅があり市内での移動アクセスは大変便利です。

 

 

高雄は台湾南部最大の都市です。

人口は台北より多い278万人で台湾南部の玄関口で、台湾最大の国際貿易港でもあり、造船、鋼鉄、石油化学などの

大手工業の多くが高雄に集中しています。またヨットの生産量はアジア一でもあります。

 

<日本時代の高雄の街並み>
<日本時代の高雄の街並み>

 

高雄という地名の漢字は日本時代から使われていて、その前は原住民の言葉で竹林を意味する「ダガオ」と

呼ばれていました。ダガオに福建省からきた移民が「打狗」という漢字をあてたのです。

日本時代になって「打狗」は犬を打つという意味になるのでよくないと日本人が「高雄」に変更したそうです。

 

<日本時代の高雄港>
<日本時代の高雄港>

 

高雄の前鎮漁港は台湾遠洋漁業の中心地で、マグロやマダイの漁獲量は台湾随一です。

内陸側に入ると南国情緒が漂う田園風景が広がり、農産物では関廟のパイナップル、旗山のバナナ、燕巣のグァバ、ナツメ

などが有名です。

 

<日本時代の絵葉書>
<日本時代の絵葉書>

桜ちゃんと桐ちゃんが三泊四日の旅の高雄の旅にでました。

二人と一緒に高雄の街を食べて,観て、楽しんでください。