◇旗津半島(チ‐ジンバンダオ)

 

高雄市の西側に南北11㎞に伸びている細長い砂州の半島旗津半島です。

旗津への行き方は、西子湾から出ているフェリー渡るか、前鎭から出ているフェリーで渡るか

車やバスで海洋トンネルを通るかのいずれかの手段があります。

 

旗津は高雄で最も早く開発された場所で、高雄港発祥の地でもあるらしいよ!

 

旗津の地名は日本時代につけられたものでそれ以前は旗後と呼ばれていたんだって。

1860年(日本では安政7年・万延元年 桜田門外の変が起きた年)の北京条約後に旗後は正式に開港してます。

 

■前鎭~中洲間のフェリー乗り場

 

旗津には、これといった名所旧跡があるわけではなくて、

あえてあげると、旗後灯台・旗後砲台・旗後天后宮ぐらいかな。

yumeizuは何にもないこの旗津が好きで、高雄にいるといつも行ってます。

 

<西子湾駅からフェリー乗り場までの地図>
<西子湾駅からフェリー乗り場までの地図>

 

フェリー乗り場までの行き方は、MRT「西子湾駅」の1番出口から出て、くるっとUターンして

貸自転車屋さんと駅の間の路「麗雄街」を真っすぐ行って突き当りの路「濱海一路」に突き当り、

ここを右に行くとフェリー乗り場の「鼓山輪渡站」に着くよ。

歩いて約10分くらいかな!

 

西子湾駅の1番出口、この右側の路を真っすぐ行きます

◇西子湾のフェリー乗り場「鼓山輪渡站」(グーシャンランドゥージャン)

<フェリー乗り場の対岸>

 

休みの日はフェリー乗り場は人もバイクもたくさん並んで乗船の順番をまってるよ

乗船料金は大人一人だと片道25元(約90円)、自転車+人だと片道35元(約130円)

Ipassカードだと5元の割引があります。

高雄はアジアのヨット生産1位だけあって、フェリー乗り場の対岸にはヨットが沢山とまってる!

 

yumeizuこの前にここら辺りでipassカードを落としてきちゃった! シュン! 

ちょうどカードに300元をチャージしたばかりで、拾った人は使っていいよ!(言われなくても使うよね!)

 

◇鼓山輪渡站~旗津輪渡站 フェリー

<鼓山輪渡站~旗津間 フェリー>
<鼓山輪渡站~旗津間 フェリー>

 

yumeizu このフェリーに乗りたくって旗津に行くようなもんかな!

人は2階に乗って、バイク+人と自転車+人は1階に乗るの!

結構詰め詰めで乗ってるから、空いた場所に自転車を停めて海風を受けながら

高雄の港や景色を眺めての10分間の航海は 「きっもちいい~~~」

 

<フェリー1階の様子>
<フェリー1階の様子>
<フェリーからの眺め・向うの高層ビルは「高雄85大樓」>
<フェリーからの眺め・向うの高層ビルは「高雄85大樓」>
<旗津フェリー乗り場・旗津輪渡站>
<旗津フェリー乗り場・旗津輪渡站>

 

乗船して10分位すると、旗津の乗船所が見えてきます。

なんか 雰囲気あるよね~~~

 

<旗津フェリー乗り場・旗津輪渡站>
<旗津フェリー乗り場・旗津輪渡站>

◇旗津廟前路(チージンミャオチャンルー)

 

フェリーから降りるとすぐ目の前には、旗津名物の三輪車がきれいに飾り付けされて並んでるよ! おっしゃれ~~

観光客の人は三輪車をよく借りてるみたいね!

この先の海岸までは歩くと結構な距離(たぶん15分位かな)があるから自転車で行った方が早いしね!

 

<旗津の中心地の地図>
<旗津の中心地の地図>
<旗津輪站前の通り>
<旗津輪站前の通り>

 

旗津のフェリー乗り場を出ると、すぐ前には賑やかな廟前路が通っています。

 

<旗津のメイン通り「廟前路」>
<旗津のメイン通り「廟前路」>

 

両側には海鮮のお土産物屋さんが並んでいて、しばらく行くと右側に「旗津天后宮」が見えてきます。

 

<旗津天后宮>
<旗津天后宮>
<旗津天后廟>
<旗津天后廟>
<旗津天后宮>
<旗津天后宮>

 

旗津天后宮は1673年に建立。343年も前の事だよ!

主神は媽祖(天上聖母)、実在した女性を神格化した神で、願い事を叶える力が強い、航海の神です。

媽祖の事は台北市の街の關渡宮のページで詳しく説明してるから見てね!

 

 

天后宮を過ぎてからも両側には海鮮や南国らしい食べ物のお店が並んでいて、

その中にyumeizuがいつも買うカラスミのお店があります。

ここで200元(約730円)の小パックのカラスミを買って、海岸公園で烏龍茶を飲みながらカラスミを食べるのが、

最近のお決まりのコースです。

 

 

 

旗津のメイン通りの廟前路だよ! 海岸公園までお店をのぞきながら歩いて行こうか!

◇旗津海水浴場(チージンハイシュイユーチャン)・旗津海岸公園(チージンハイアンゴンユエン)

 

大好物のカラスミを買ってからは「旗津海水公園」へ海を見にいきます。

いつもここから夕日を見たらきれいだろうなぁ~と思うんだけど、

夕暮れ時に行ったことがなくて、今度は夕暮れ時目指して行こうと思ってるよ!

 

 

海風が気持いいねぇ~  あっ結婚の写真アルバムの撮影してるよ!

◇旗津観光市場(チージングワングワンシーチャン)

<旗津観光市場の入口>
<旗津観光市場の入口>

 

旗津公園の前の道路をはさんで前に「旗津観光市場」があるよ!

市場の中のお店はほとんどが海産物のおつまみや缶詰、魚などを売るお店です!

 

<旗津観光市場の中>
<旗津観光市場の中>

 

この市場の中にyumeizuがいつもお土産で買って帰るお店があります。

お店の名前は「美淑」小さいお店でイカの絵の袋が目印 

 

<旗津観光市場内のお店「美淑」>

 

買うのはイカの珍味で超辛味だよ!後からくる辛さで、辛いけど食べだすと止まらない味!

1袋 100元(約360円)也

感じのいいお姉さんが売っていて、これも買いたくなる理由の一つかな!

味見をさせてもらえるから、味見してから買ってね!

 

 

「美淑」さんに行くには旗津三路側の⑤番の入口からはいってすぐ右側にお店があるよ

 

 

市場でお土産買って帰る? じゃ 見てから決めようか!

◇旗津三路(チージンサンルー)

<旗津三路を三輪車で走る観光客>
<旗津三路を三輪車で走る観光客>

 

旗津三路は広くて、この路を三輪車で走る観光客をよく見かけるよ!

お祭りの日には屋台がたくさん出てて楽しそう!

 

<旗津三路の屋台>
<旗津三路の屋台>

 

カラスミを公園で食べて、珍味のお土産を買ってからは、海岸の前の路「旗津三路」

鼻歌を歌いながら海風を受けて自転車でゆっくり走りながら、気になる場所をみつけたら自転車を停めて見学!

 

<旗津三路沿いにある福壽宮>
<旗津三路沿いにある福壽宮>
<旗津三路沿いにある天聖宮>
<旗津三路沿いにある天聖宮>
<旗津三路をだいぶ南側に行った先にあった小さなお寺>
<旗津三路をだいぶ南側に行った先にあった小さなお寺>

 

10月のお祭りの日に、旗津三路から少し入ったところで何やら面白そうなものをみつけました。

 

 

劇のような事をしてるみたい! あれれ 観客が少なすぎ! ちょっとさびしいかな?

 

 

出演者は女性ばかりで 物語の内容はよくわかんなかったけど 中華ミュージカルで台湾版宝塚!

 

◇旗津のお祭り

 

2015年の10月、旗津に行った時に神様のお祭りの日に遭遇!

このお祭り 一回見てみたかったんだわ! ラッキー~~

すっごくでっかい音の爆音と爆竹が鳴らされて、これまたでっかい神様とお神輿が街の中を練り歩いて行く様子は

おもしろ~~い! あの神様の中に入りた~~い!

 

 

地域事にお神輿と神様を出してるのかなぁ~ 行列の人はみんなお揃いのTシャツを着てるぅ~~

しばらく行くと休憩したりして~~ 

神様役の人はたぶん疲れるんだろうねぇ 水分補給して一息ついてから再出発! ご苦労様です!

 

 

神様の行列の最後尾から一緒について歩いたyumeizuでした! ゴメンちゃい! おじゃましました!

 

<神様の後ろ姿です>
<神様の後ろ姿です>

 

途中で面白い光景に遭遇! これは旗津のAKB48か?

衣装も揃えて、鳴り物を鳴らしながら、おしりフリフリの踊りを神様に奉納!

神様もきっとお喜びでしょう!

 

 

神様のお祭りの日に出くわすなんてほんとラッキーだよ! 見て お神輿の中にも神様が乗ってるよ!

お神輿は各廟をまわって挨拶していくんだね!

◇旗後灯台(チーホーデンタイ)

<夕暮れ時の旗後灯台>
<夕暮れ時の旗後灯台>

 

旗後灯台は半島北の端の山「旗後山」の上にあります。

灯台は1883年に打狗港(高雄港)を頻繁に往来する商船の為に、イギリス人が建築したんだって。

それから日本時代になって、高雄港の拡張に伴って灯台は再建されて現在の規模になったらしいよ!

yumeizuはまだ 灯台には行ってなくて今度は絶対忘れないで行こうと思ってるよ! 

 

 

この写真☝は英国領事館跡で展示してありました。

「大正7年旗後燈塔落成留念」と書かれてますから、この年に旗後灯台は再建されたんだね!

 


・・・・・旗後灯台・・・・・

 開館時間:9:00~16:00  月曜休館  バスだと35番で旗後燈塔バス停下車


 

高雄の旗津 どうだった? 行ってみたくなった?

 

yumeizuはいつも地下鉄の駅「西子湾站」の一つ手前の駅「鹽埕浦站」(ヤンチョンプーチャン)で自転車を借りて

自転車で鹽埕浦から西子湾までの街中を走りながら、途中で小籠包や冰を食べてフェリー乗り場まで行きます。

 

バイクを二人乗りしたアベックに混じって自転車を引きながら、使い込まれた木の床のフェリーに乗り込むの!

船から身を乗り出して「ん~ん~」と思いっきり空気を吸い込んで深呼吸。

そんな事をしてるとすぐ旗津に着いて、バイク音を鳴らしながら降りていくみんなの最後から自転車を引きながら

フェリーから降船。

また来ちゃった!旗津!