◆高雄車站(カオシュンチャーヂャン)

<高雄駅正面>
<高雄駅正面>

 

高雄の中心「高雄駅」です。

台湾鉄道では台北方面から乗るとほとんどの列車はこの高雄駅が終点になります。

現在の駅舎は新駅舎で「旧高雄駅」は東南に移動され、今の高雄駅から5分位行った先に博物館「願景館」として残っています。

また、旧高雄駅は素晴らしいから残して欲しいと各方面から保存を望む声がたくさん寄せられたそうです。

 

<旧高雄駅舎>
<旧高雄駅舎>

 

これが☝旧高雄駅です。 旧高雄駅は1940年(昭和15年)に建てられました

台南駅が1900年(明治33年)に建設されていますから、台湾鉄道の高雄駅は随分あとから造られたことになります。

大東亜戦争の開戦が昭和16年の12月ですから、その一年前に建てられたことになります。

日本時代に建てられた旧高雄駅は「帝冠式建築」で「日光東照宮」風の屋根は和洋折衷建築様式です。

 

旧高雄駅の場所です。

<高雄駅・駅前>
<高雄駅・駅前>

 

昭和15年当時の高雄は日本の南進政策の重要拠点としての役割もあり、また高雄は台湾商工業の中心地としての

責任を負っていました。そんな時代を象徴する駅舎です。

現在高雄駅は工事中で旧高雄駅舎は新駅舎の入口に使われることになってます

出来上がりがとっても楽しみです!

  

 

台湾鉄道の高雄駅のそばには地下鉄の高雄駅の1番出入り口があって、乗り換えも便利です。

新高雄駅ができたら台鉄とMRTは地下で繋がるみたいです

 

<高雄駅の1階きっぷ売り場>
<高雄駅の1階きっぷ売り場>

 

☝高雄駅の切符売り場。土日のお休みの日は結構いっぱい並んでます。

 

<高雄駅の2階>
<高雄駅の2階>

  

高雄駅の改札口は2階です。2階にはコンビニや飲食店、ドラッグストアもあります。

 

<高雄駅エスカレーター横の展示パネル>
<高雄駅エスカレーター横の展示パネル>

 

高雄駅の1階から2階に上がるエスカレーターを乗っていると横の壁には高雄駅を走っていた列車の

写真が展示されています。

つい見とれて降りるのを忘れてしまうから気をつけてね!

 

<高雄駅ホーム>
<高雄駅ホーム>

 

現在の高雄駅は臨時駅なので、ごくごく普通の駅ですね! 

 

 

台湾鉄道おなじみの「台鉄便當」のお弁当売り場、ここ高雄でもホームの真ん中にしっかりありました。

 

<普通列車>
<普通列車>

 

普通列車の車内の様子です。日本の列車との違いは椅子の配置とドア横の持ち手の大きさくらいですね!

ドア側のつり革が円形のポールからつり下げられているのが面白いですね!

 

 

ラッピング列車も止まっていました。☝この絵は阿里山の高原列車ですね!

 

 

☝この絵は南投県にある台湾最大の湖「日月譚」台湾を代表する観光地です。

 

 

☝この列車に描かれているボートは台湾南東にある小島「蘭 嶼」に住む原住民「タオ族」が使っていた「チヌリクラン」

というボートです。

 

 

☝萌え列車ですね!

 

 

高雄に宿泊していて、日帰りで列車に乗って高雄以外の都市に行ってみたい!

そんな方にお薦めは台南まで足を延ばしてみてはどうですか

自強号で行けば高雄から乗って30分で台南に着いちゃいます。

往復でも1時間で行ける場所なので、現地の台南に着いてからも十分1日楽しめます。

 

切符を買う時に言葉ができなくても、紙に行先と乗る列車と枚数を書いて渡せばOK!

台南まで自強号で行きたい時は(自強号 到台南 要1张)と見せれば全然問題なし!

 

 

台湾鉄道の車両の種類別に高雄~台南間を比較してみました

 ■自強号(ズーチャンハオ)   (特急)・・・所要時間ー約31分       料金ー106元(約385円)

 ■莒光号(ジューゴンハオ) (急行)・・・所要時間ー約50分~54分  料金ー  82元(約298円)

 ■復興号(フーシンハオ)    (準急)・・・   -           料金ー  68元(約247円)(高雄~台南間はほとんど無)

 ■區間 (チュージェン)  (普通)・・・所要時間ー約63分          料金ー  68元(約247円)

 

 

移動時間をもっと短縮して新幹線で台南まで行けば台湾鉄道より早く着くのではと考えていませんか?

新幹線だと高雄~台南間の所要時間は約15分で料金は約530円位ですね!

 

ただ 台湾鉄道の台南駅と新幹線の台湾駅は離れていて、新幹線の台南駅から台鉄の台南駅まで行こうとすると

一旦改札口から出て連絡通路を通って、台鉄まで行って乗り換えないといけません。

間違わないで!台南の新幹線駅名は台南駅ではなく沙崙(シャールン)駅となっています。

台湾鉄道の沙崙(シャールン)駅から台南駅までの所要時間は約25分位です。

最初から高雄駅から自強号で台南まで行く方が全然早く着きます。

 

 

もう少し遠出したい方には嘉義まで行ってみては

 

 

高雄~嘉義間は自強号だと片道1時間15分位です。往復だと2時間30分の移動時間ですね!

嘉義からは阿里山行のバスが出ていますが、阿里山の日帰りはちょっと無理かとおもいます。

最近では映画「KANO」の舞台が嘉義ということもあり、日本からの観光客も増えているようです。

 

<高雄駅に展示したあったSLの写真>
<高雄駅に展示したあったSLの写真>

 

台湾は島の周りを縁取りして一周するように列車が走っています。

駅でお弁当を買って、一面のトウモロコシ畑を車窓から眺めながら降りたい駅で降りるそんな旅してみませんか? 

 

◆左營駅(ズゥオイン チャ‐ヂャン)

<新幹線左営駅>
<新幹線左営駅>

 

左営駅は新幹線の左営駅、MRTの左営駅、台湾鉄道の新左営駅の3本が繋がっていますので、乗り換えは大変便利です。

 

<左営駅の場所>

<新幹線の左営駅>
<新幹線の左営駅>

 

新幹線の左営駅は新幹線の終点駅です。構内はまだ新しいので綺麗でとっても広いです。

屋根が高いので圧迫感がなくて通路も広くて歩きやすいですし、先まで見通せて余計なものがなくてスッキリしている

造りになってます。

 

<新幹線のきっぷ売り場>
<新幹線のきっぷ売り場>

 

新幹線のきっぷ売り場は休みの日やその前日は混んでますね!

台北の新幹線の切符売り場より高雄の方が明るくて広いです。

台湾の新幹線で働く従業員の人は英語が喋れるので、会話は英語でOKです。

 

 

新幹線の駅構内にもお弁当売り場があります。

いつもお客さんがいて流行っています。台湾の人は本当にお弁当が大好き!

 

 

新幹線の左営駅のプラットフォームは1階にあるので、2階の構内からエスカレーターで下りていきます。

 

以前に改札を入って2階の椅子に座って荷物を整理して、ジュースを買ってから1階まで降りて止まっていた

新幹線に乗り込もうとした時に「あぁ~~カメラがない」と気が付いて

「えぇどこで忘れた?どこ?どこ?あぁ~~2階の椅子だぁ~~」となって慌てて2階に戻り、

椅子の所までいくと な・な・なんとカメラがそのままの状態でおいてありました。

 

 

信じられます? カメラは椅子に置きっぱなしで10分以上も経ってたのに誰も持っていかなかったんです。

カメラを見つけて思わず「あった~~~」と叫んだyumeizuを見て椅子に座っていた老婦人が静かに

「あ~あなたのでしたか、誰が忘れているのかと思っていましたよ」というようなことを言われました。

 

あまりにホットしてその後は全身の力が抜けフニャフニャで老婦人に会釈をして、プラットフォームに戻りました。

 

 

もしこの時カメラが見つからなかったら、この旅は落ち込んで全然楽しくなかったと思います。

写真を撮れない旅など考えられないですから。

もともと忘れ物のひどいyumeizuなので、いつも台湾では何かを忘れるか、落とすかしてくるのですが、

カメラとビデオだけは絶対忘れてはいけないと心がけてはいたのです。が このざまです。

この一件以来、カメラはなるだけ首からぶら下げています。

 

 

台湾新幹線は日本製でほぼ日本を走っている新幹線と同じです。

乗り心地もいいですし、とっても快適です。 

走り出してしばらくすると、ほとんどの乗客がお弁当を食べ出すのがおかしくて、また台湾らしくて好きです。

 

 

新幹線の左営駅の1階にはお土産屋さんや飲食店もあり、2階と3階にも飲食店やお店があります。

yumeizuもここでお茶を飲んだり、食事をしたりしますが、新幹線に乗る時はやっぱりお弁当ですね!

 

 

2階の中央通路あたりにはロッカーがあります。

使用方法は至って簡単なので、荷物を預けたいときは便利です。

 

◆高雄捷運(ガオションジェユン)・高雄MRT駅

 

高雄のMRTはアニメ一色の萌えホームに萌え列車です。

 

 

このキャラクターは高雄捷運少女」(ガオションジェユンシャオニュイ)と言います。

 

 

MRTのあちこちにこの少女がいます。

 

 

電車の中も御覧の通りの萌え列車! 全部ではありませんが。

 

 

高雄のMRTに乗っていつも感じるのは乗客が少ないということです。

台北のMRTはどの線もいつも人でいっぱいで、座れることなど稀ですが、高雄だと楽勝で座れます。

高雄のMRTの経営は赤字だという話もありますし、少し心配です。

 

 

日本のアニメ「ワンピース」も。

 

 

1月に行った時はちびまる子ちゃんに変わっていました。

 

 

高雄の地下鉄に乗って感激したことがあります。

それは日本語放送です。全駅ではなく主な駅(美麗島・高雄・左営)で日本語アナウンスが流れるんです

台北の地下鉄では日本語放送は流れません。日本人観光客は台北の方が圧倒的に多いのにね!

日本人に優しい高雄です!

 

<新幹線左営駅の1階>
<新幹線左営駅の1階>

 

台湾では列車を利用する人がとても多くて駅はいつも人でいっぱいです。

yumeizuはバスが苦手なので、移動はできるだけ列車にしています。

バスは知らない間に降りるバス停を通り過ぎたりしますが、列車だと確実に駅に止まるので安心して

乗ってられるというのがいいですね!

 

台湾の在来線にはまだ懐かしい駅舎も残っていますし、窓から眺める景色もとうもろこし畑やヤシの木が続く道があったり、

南国のセピア色の景色にはやっぱり列車が似合います。

yumeizu