台北街歩き、高い確率ですごい男前に遭遇するーその4

   (奥に見える青のビルが遭遇現場)
   (奥に見える青のビルが遭遇現場)

2014.5月の台北、朝食を終えてホテルからMRTの駅までの歩いての移動中。工事中のビルがあり大きなビニールでビル全体を覆っていました。台北の街はその近代的な街と戦後から変わらずにいる庶民の街とのギャップがなんとも台湾らしく

     (中山辺りのビルの工事現場)
     (中山辺りのビルの工事現場)

青色のビニールのビルを見上げながら歩いていると、そのビルの中から出てきたヘルメットを被った男性と鉢合わせをしそうになりました。「ごめんなさい」と言ってその男性を見ると、爽やかな風が吹きました。色白で整った顔立ち、仕立ての良い紺色のスーツを着て、

       (行天宮前の交差点)
       (行天宮前の交差点)

まっすぐユーメイズを見つめる濁りのない目、年頃は20代中頃。一瞬にしてユーメイズのアンテナが(育ちよし・親は金持ち・留学経験有・優秀)というフレーズがはじき出されました。彼はこの若さにして現場監督。この建築会社の社長は彼の父上かな?まっどっちにしろこの日1日は爽やかな朝で始まり気分よし!yumeizu背筋を伸ばして歩き始めました!とさ