台北に行ったらぜひ訪れてほしい総統府-2

   (清国の使者が日本船に向かう様子)
   (清国の使者が日本船に向かう様子)

「総統府」には10月の自由参観日に9時頃に着きました。10月の台北行きは「総統府参観」が目的で、それだけに参観日は嬉しくてスキップしながら行きました。どこから入るのかわからずウロウロしていると警備の人がその様子を察し「アッチ」と指差しで教えてくれました

  (日本統治初年の明治28年当時の検疫の様子)
  (日本統治初年の明治28年当時の検疫の様子)

正面とは反対のその入口に行くとテントが貼ってありパスポートと荷物の検査場所になっていました。さぞかし厳しく検査されるのかと思って、日本国の赤のパスポートを見せると、いとも簡単に荷物の検査も無しでスルーしました。「おぉ~さすが日本国パスポート」と一人で悦に入りつつ、ピョンピョンと館の中へ入っていきました。

   (今と昔の距離別移動方法を写真で紹介)
   (今と昔の距離別移動方法を写真で紹介)

館内は現政権の馬総統を賛美する広告があちこちに見受けらけましたが、馬総統を評価していないユーメイズはそれを横目に、昔の台湾や日本統治時代の台湾の資料を興味深く見て歩きました。明治や大正~昭和初期にかけての写真は特に懐かしく、資料の前に釘付けでした。

叶うならここに3日間泊まりたいです。