台湾アート-その6


新北投行きのホームには新北投温泉をモデルにした作品が展示してありました。

台湾ではあまりお目にかからない「不動明王」が温泉守護神になっているのは、やはり日本統治時代の名残りではないでしょうか。