台湾の主な神様の紹介

         (媽 祖)
         (媽 祖)
        (月下老人)
        (月下老人)

台湾の主な神様を紹介したいと思います。

 

媽祖(マーツウ)台湾鎮護の神様

 航海の女神として祀られ、台湾では最も篤い信仰を集めています。 台湾には大小合わせて2400もの媽祖廟があります。 

月下老人(ユエシアラオレン)縁結びの神様

 縁結びの神様として親しまれている。 携えた袋には赤い糸が入っていて、「運命の赤い糸」の由来となっている。

 保生大帝(パオションターティー)医学を司る神様

 医学の神様として信仰の対象となっている。 台北市内の保安宮はその本山で、毎年4月頃には生誕祭が行われる

 註生娘娘(ツウションニャンニャン)安産・子宝の神様

 不妊症や初産を控えた女性に篤く信仰される。左手に台帳、右手に筆を持ち、各家の子供事情を記録しているという。                   

 城隍(チョンホアン)天災を鎮める神様

 天災を鎮め、邪気を祓う、土地の守り神。人間の生前の悪事を死後に裁く役割を持つ。旧暦5月13日が誕生日。

関帝(クワンティー)武勇と商売の神様

 武勇の神として「三国志演義」でおなじみの関羽は、そろばんを始めて用いた人物 として、商売の神様にもなっている。

孔子(コンツー)儒教を始めた学問の神様

 日本でも学問の神様としてあがめられているが、台湾でも同じ。

 毎年9月に祭典が行われ、「教師節」とも呼ばれる。

天公(ティエンコン)すべてを司る最高神

 玉皇大帝、天帝、上帝とも呼ばれ、すべての神様を統率する道教の中心となる神様。 旧暦1月9日が誕生日。