台北を歩く

               <仁愛路と建国南路の交差する付近>
               <仁愛路と建国南路の交差する付近>


 ここは台北の中心を走る道路「仁愛路」です。

西は総統府から東の台北市政府までの一本路です。

緑が多くて、一本北の忠孝東路ほど車も多くなくて、

広い道路の中央は散歩道になってます。

風を感じて木々のざわめきを聞きながら街を歩く至福の時間です。

  

              <仁愛路と建国南路の交差する付近>
              <仁愛路と建国南路の交差する付近>


 台北は都会ですが、街には緑が多く、南国で育つ椰子やガジュマルの木々も多くあり

土地にしっかり根を張って育っています。

ユーメイズ的に、その土地のエネルギーはそこで育つ植物を見ればわかります。

土地にエネルギーがあると全てにおいて、もちろん人間にも良い影響を及ぼしますし

空気は柔らかく、爽やかな風が吹き、その国・街は発展していきます。

ゴミや罵声はその土地の植物や人間に悪影響を及ぼし、街や国は衰退していきます。

美しく暮らす事には大いに意味があると考えます。