台湾お弁当事情

              <台鉄台北駅構内の「台鉄便當本舗」>
              <台鉄台北駅構内の「台鉄便當本舗」>


   日本統治時代に台湾に根付いた弁当文化

戦後も台湾にはこの弁当文化が残り、台湾独特の味付けと盛り付け、

食材で作られた弁当は、駅に行くと必ず多くの人が並んで買っています。


                <「台鉄便當本舗」のメニュー>
                <「台鉄便當本舗」のメニュー>


  台湾では「便當」と書き、「ビエンタン」と発音しますが

「便當」は「弁当」の発音からの当て字で、「べんとう」と言っても通じます。 


           <台鉄台北駅構内のお弁当屋さんで買った排骨弁当>
           <台鉄台北駅構内のお弁当屋さんで買った排骨弁当>


  台湾では駅弁が人気で、在来線の主な駅はもちろん新幹線の駅にも

必ず駅弁が売られています

台湾の駅弁と言えばこれ排骨弁当」

味付けした豚肉とその下にはジャガイモやキャベツ厚揚げなどが敷かれています

お新香が添えてあるお弁当もあります。


               <太魯閣号の中で食べたお弁当>
               <太魯閣号の中で食べたお弁当>

 

 ユーメイズ的にはやっぱり日本人なので当たり前ですが、

日本の幕の内弁当が好きです


                <新幹線・高雄左営駅構内のお弁当屋さん>
                <新幹線・高雄左営駅構内のお弁当屋さん>

  

   お弁当の値段はだいたい100元(約400円)前後で

 量的には十分でおなか一杯になります。

コンビニでもお弁当がずらりと並んでいてコンビニ弁当人気は台湾も同じですね!


              <台北駅前に展示されている機関車>
              <台北駅前に展示されている機関車>