メニューに無いものを注文するおっちゃん!

 

前回に続いておっちゃんシリーズです。

今度は高雄での出来事なんですが

 

街ブラをしていて、お腹が空いてきたので小籠包を食べようと

ガイド本にも載っている有名店に入りました。

有名店といっても街中の庶民的なこじんまりしたお店です。

 

お店に入って早速持ってきてくれた日本語メニューを見ていると、向うの席から

「ちょっと兄ちゃん!おかゆあるかぁ~」

と関西弁のおっちゃんの大きい声が聞こえてきました。

「あいた~~こんなとこにおるやんかぁ~」

と冬場に見つけたゴキブリのごとく、いきなりのカウンターパンチ!

 

 

片言の間違った日本語を喋る男の店員さんは「すみません!ないよ!」と言ってました。

「ないんかいなぁ~」とおっちゃん。 

「そしたらザーサイあるかぁ」とおっちゃん。

「ないよぉ!」と定員さん。

 

ここでyumeizuはプッツンと切れました!

「あのなぁ~おっちゃん!メニューいうもんがあるやろ!それ見て注文したらどうや!書いて無いもん注文するな!」

と壁に向かって聞こえない音量でブラックyumeizuはつぶやきました。

 

 

その後、おっちゃんは何を注文するでもなくビールを飲みながら3人でおしゃべりタイム。

と yumeizuに気づいて何やらチラ見をしてくる。

「お願いやから声かけんといて」と念じつつ、

無事おっちゃんの視線から逃れて、さっさと食べてお会計へ

 

レジで男性店員が「領収いるかッ!」と聞いてきた。

yumeizuは思わず「領収いるか!ではなくて領収書いりますかって聞かなあかんよ」

注意した矢先に再度「領収書いるか!」

「もうええわ!」と呆れながらお会計を済ませて店内を出ました。

 

ほんまにもう!この男ども どう思われますみなみなさま!