台湾映画「海角七号」

<墾丁小湾ビーチ>
<墾丁小湾ビーチ>

 

屏東県のページを作成していて、思い出したのが「海角七号」という台湾の映画です。

この映画の舞台も屏東県の恒春という所で私が行った鵝鑾鼻岬(オールアンビー岬)よりすこし高雄寄りの所です。

この映画の事は公開された随分後から知って、ツタヤでレンタルして観ました。

 

終戦後、台湾で働いていた日本人教師とその生徒だった女学生の話で、日本人教師は彼女へに想いがありながら、

一人引き上げ船に乗って日本に帰国するのです。

そして長い月日が経ち、この教師の娘が無くなった自分の父親が台湾にいる恋人に宛てて

書いて出さずにしまっていた恋文を見つけ、それを台湾の元女学生の元に送ります。

その住所が海角7号なのです。

 

なんとも切ない映画で、この女学生だった彼女のことは詳しく映画では触れていませんでしたが、

自分を置いて帰国した日本人教師の事を恨んでいたのかなぁ~とか、台湾の人と結婚して幸せになったのかなぁ~

と想像してしまう映画でした。

時間があるときにでもぜひレンタルで借りて見てください。