台北コスモスホテル

 

1月の台湾台北ではコスモスホテルに宿泊しました。

以前からいっぺんこのホテルに泊まってみたくって、今回は迷わず決めたのです。

コスモスホテルは4ツ星ホテルです。

 

 

立地は台北駅から歩いて3分で地下の出入口(M3)までは1分で着きます。

申し分ない立地で地下から出るとアーケードになっているので雨でも濡れることなくホテルに着きます。

台北駅の近くに宿泊先があると、効率よく動けるので予定の多い旅行ではほんとに助かります。

 

 

ホテルのフロントですが、以前にブログでも書きましたが、日本のホテルに慣れていると当たり前と思うサービスでも

海外では日本のような上質なサービスはまず受けれないと思わないといけません。

当然台湾の4ツ星や5ツ星ホテルでもずっこける出来事が多々あるわけであります。

 

チェックアウトをして追加料金を支払うとフロント係に「はい、これでチェックアウトは終わりましたっ」と言われて、

「ん?ん? 終わりましたという報告ではなく、ありがとうございましたという感謝の気持ちと気を付けてという

旅の無事を祈る気持ちを伝えないとぉ~~」と、いつものように注意しようと思ったのですが、辞めときました!

 

「台湾のホテルマン達よ!すべての面で、も少しグレードアップしてくれよ」と祈るyumeizuです。

 

 

部屋はエクスペディアのセールでとったので、1泊1万円位で泊まれたのはよかったのですが

部屋はシングルサイズですが、少し狭すぎですね。 この広さはビジネスホテルと変わらない広さです。

 

 

コスモスホテルは立地がいいだけに、残念なのですが、yumeizuは2回目は無いなと思っています。

2回目が無い理由は部屋の狭さもあるのですが、一番の理由はやはりバスルームの使い勝手の悪さです。

 

 

写りの悪い写真ですみません! ☝これがバスタブなんですが、なんかおかしい事に気が付きました?

このホテルはシャワーカーテンではなく扉が付いていたんですが、片方の扉(右側)が固定さてれいて

動かないのです。それも動かない方の扉側に蛇口があるのです。

という事はバスタブにお湯をためる時に素足になってバスタブにはいって蛇口をひねるか

体と手を思いっきり伸ばして蛇口をひねるしかないのです。これは完全に設計ミスですね!

 

 

トイレはというと☝御覧のようにウォシュレットなのはいいのですが、トイレットペーパーが後ろの壁についていたんです。

普通、トイレットペーパーは横についていて、便座に座ったままペーパーを取れますが、後ろの壁にあった為に、

ぐるっと体を半回転させて不自然な姿勢でペーパーを取らないといけなかったのです。

これも設計ミスですね!

 

 

yumeizuは台湾ではほとんど1日出歩いていますので、ホテルに戻ってからはパソコンでブログをアップして、

お風呂に入って寝るだけの少ない時間を過ごす場所なんですが、やはり少しの時間でも快適に過ごせると

気持ちよく1日がスタートできますね!

 

台湾のホテル選びでは失敗しながらいろいろと泊まってきた感想は、部屋は朝日が入って、街の景色が一望でき

広めの部屋と深いバスタブのある部屋に泊まった時は心地よく過ごせたなぁ~というのが現時点での感想です。

(結論はある程度のランクのホテルに泊まると快適に過ごせるという当たり前の結果です。ごめんなさい)