台湾土産-4

<松山文化創意園区>
<松山文化創意園区>

 

4月の台湾で一番の楽しみはキノコチップを買って、どんな味かするのか食べてみる事だったのです。

 

ネットの情報では市政府駅から歩いて10分くらいの松山文化創意園区の中にある誠品書店の中にあると

載っていたので、大降りの雨の中、セブンイレブンで途中休憩しながら、何とか目的地に到達!

 

<松山文化創意園区>
<松山文化創意園区>

 

松山文化創意園区は日本時代の煙草工場跡です。

広大な敷地の中の建物は当時のままで、今は芸術やアートの展示場として、またレストランとして使われています。

 

<松山文化創意園区内の誠品書店>
<松山文化創意園区内の誠品書店>

 

園の北側のビルが誠品書店で、早速 中に入りキノコチップスのお店「鹿窯菇事」を上から下まで探しても

どこにも見当たらず、インフォメーションセンターで聞くとそんなお店は無いとの返事が・・・

 

台湾ではよく有ることなんですが、ネットの情報をつてに行ってみるとお店が無いなんてことは日常茶飯事!

あきらめて 市政府駅前の誠品書店に行くことにしました。

 

 

市政府駅前の誠品書店にはちゃんとお店があり、無事キノコチップスをゲットしました。

これもネット情報ですが、キノコは2種類でシイタケとヒラタケがあるみたいです。

 

やっと目的の物にたどりついた安堵感で深く考えず、違う種類らしき箱を2種類5箱ずつ買ったのです!

 

<ヒラタケのチップス>
<ヒラタケのチップス>

 

上の箱の写真の右側(01)の中身が☝これです。

薄い塩味で癖がなく、よく乾燥させたパリパリ感が心地よく、あっという間に食べきってしましました。

ん~ん これは健康にもよさそうだし、美味しいし、ヒット~~

 

 

こっちは箱の写真の左側(03)のシイタケはチップではなくビーフジャーキー風シイタケとでもいいましょうか、

ゴメンなさい! yumeizuはこれはパスでした。

5箱も買っちゃったんですが、試食が無かったんでしょうがないですね!

 

次回もヒラタケのチップスは買って帰ります!