昨日のブログの追記

<高雄空港ピーチのカウンター>
<高雄空港ピーチのカウンター>

 

実は昨日のブログ「台湾の空港職員はサービスに問題あり」の記事で、続きがあります

 

高雄の空港のピーチのカウンターでの搭乗手続きをしていたのはピーチの専属職員ではなく、

制服からして、あれは確かエバー航空の職員でした。

エバー航空の地上勤務の職員には何度がブチ切れた事のあるyumeizuだったので、

またもや今回もかる~~いイジメか? なんて疑ったりもしたのですが・・・

 

<上空から見た高雄の街>
<上空から見た高雄の街>

 

何度も何度もしつこく「シートチェンジOK」「シートチェンジOK」と聞いてきていたのに何か引っかかっていたので、

関空に着いてから、ピーチの荷物を預ける所に居た職員の人に

「あのぅ~~ちょっとお伺いしたいんですがぁ~」とこの件を一部始終話すと、

 

そのピーチの男性職員の方は

「13Aの席は非常口の所になっていまして、この席には日本語か英語を喋れる人に座ってほしかったので、

お願いしていたのだと思います。13Aの席は座席の前が広くお値段は2番目に高い席でございます」

との返答でした。

 

<上空から見た高雄の港>
<上空から見た高雄の港>

 

そっかぁ~~~あれはお願いやったんかぁぁぁ~~~~

「あのぉ~大変申し訳ごさいませんが」って感じで対応してくれたら、考えてもよかったのにぃ。

(でも13Aの席って多分尾翼の横辺りで景色が見えへんから、断ったとおもうけどね!)

 

上から目線の早口英語で「変われ!変われ!」って言うから

「いやや~~~絶対いやじゃ~~」となったわけであり・・・

 

<上空から見た高雄の街>
<上空から見た高雄の街>

 

飛行機の非常口座席の所は、緊急時の時に乗務員からの伝達をしないといけないので、各国の航空会社の母国語もしくは

英語を理解できる人を対象にしているのです。

 

というわけで、ピーチは日本の航空会社なので日本語もくしくは英語のできる人が座る席なのですが、

「そんなん 搭乗手続きの時に急に言うたらあかんわ!」

ましてや、予約時に追加料金を支払って席を確保している者からしたら、当日に急にチェンジしてくれ言われても

って思うやんかぁ~~

それにあの態度もあかんわな!あれはお願いの態度やないでぇぇぇ~~

 

<台湾上空>
<台湾上空>

 

今回の場合みたいに、席がほとんど満席で、ましてや乗客がほぼ台湾人の場合、日本人のそれも連れのいない

yumeizu目がけて、席を非常口の所と変われって言ってきた理由は日本に帰ってから職員の方から聞いて理解できたけど、

 

こんな時用に日本語でちゃんと説明された紙を用意しといて、それを見せて理解してもらわなあかんよ!

 

ピーチ航空も台湾のエバー航空の地上勤務職員もどっちもサービス業として失格! も少し修行せなあかんでぇ!

そぉ~思いませんか皆さん?