台南・上海華都

<上海華都のお店の入口>
<上海華都のお店の入口>

 

いつも一人でブラブラと街歩きしてると、お腹が空いてきて、そんな時に軽く入れるお店がいいんだけど、

なんせ台湾は一皿の量が多い! 3人位でつついてちょうどいい位の量だから、一人で頼むと1品しかたべれないわけで・・・

 

小籠包だって 1蒸籠にだいたい8個~10個入ってて、小さいったって10個も食べりゃお腹結構いっぱいになるしね!

 

でも 食いしん坊&忘れん坊のyumeizuとしては1品だけでは満足できましぇん!

 

<小籠包>
<小籠包>

 

台南街歩きの途中で入口で作ってる小籠包に吸い込まれる様に入ったお店が「上海華都」

迷いなく注文したのは小籠包とハム炒飯と酸辣湯 。

 

小籠包はしっかり目の皮で包んであり、大きさといい数といいちょうどいい加減、お味は普通。

ハム炒飯はパラパラ感があって、具のハムと卵がご飯にマッチしていて美味!

酸辣湯は具だくさんで、酸味が強くてとろみは少ない町の食堂の味。

 

<ハム炒飯>
<ハム炒飯>
<酸辣湯>
<酸辣湯>

 

1回目ですっかり上海華都が気に入ったので、別の日にも寄ってみました。

その時の注文は前回と同じく小籠包と少し高めのエビマヨとワンタンスープを注文。

 

<ワンタンスープ>
<ワンタンスープ>
<えびマヨ>
<えびマヨ>

 

ワンタンスープは具だくさんの薄味の普通のスープで、えびマヨはエビはぷりぷりだったんだけど、えび自体に下味が

ついていないので、なんとなく物足りないお味で、マヨネーズも自家製なのか?これも薄味で、

たしかお値段もそこそこしたんけど、半分以上残して帰りました。

 

<店内>
<店内>

 

出汁の文化の関西で育ったyumeizuとしては、単なる薄味としっかり出汁や下味のついている薄味は、はっきり区別ができます。

素材そのものは新鮮なのですが、台湾では味付けが薄すぎてyumeizuとしてはやや残念な事が多いのも事実であります。

これは お国が違うので仕方ありませんね! それと個人の舌の違いにもよりますが・・・

 

<上海華都の入口>
<上海華都の入口>

 

台湾では台湾料理や中華料理に日本料理などが台湾風にアレンジされて台湾の食となっていることもあります。

 

和食大好きyumeizuとしましては、日本食に勝る食はなし と 台湾に行くたびに思うのです。

そして、美味しい白飯とお味噌汁にお漬物があれば、何もいらないyumeizuであります。

 

台湾にお茶漬け屋さんできないかなぁ~~~ 

 


・・・・・上海華都・・・・・

住所:台南市民権路2段28号  ☎ 06‐221-6268  営業時間:10:30~21:30  年中無休

台南駅より徒歩約15分