台湾の「紅包袋」は日本で人気

 

yumeizu台湾へ行くと、いつもこの☝「紅包袋」こと台湾のお年玉袋を買って帰ります。

台湾のお正月(旧暦なので2月中旬頃)前の12~1月とかに行くと、どこでも売ってて種類も多いよ!

コンビニでも売ってるしね!

 

 

「紅包袋」はコンビニだと1袋(5枚位入って)70元位(約210円)で安いし、嵩張らないから荷物にならないし、

yumeizuが日本に帰って「この袋いるぅ~~?」と女子に見せると「わぁ~きれい!ほしい~」と大人気なのです。

 

日本のお祝い袋も綺麗で手が込んでるのも沢山あるんだけど、全体的に白の袋でデザインも控えめが多いから、

なんだか縁起がよさそうで色も赤の「紅包袋」が珍しくて、みんな欲しいんだと思うよ!

 

 

yumeizuがよくお祓いしてもらう82才の坂本先生という方に、お礼を渡す時にこの紅包袋にお金を入れて渡すと

ご自分で仏画を書かれる先生は「きれいな袋だね」と言って袋の文字や絵に感心しておられました。

yumeizuは宝くじや講演会のチケットを入れたりして楽しんでます。

 

 

☝これもお祝い袋だと思うんですが、紙では無く布製なので少し高めで確か200元(約600円)だったと思います。

高雄のショッピングセンターで買いました。

いつも紅包袋は友人にあげてすぐ無くなってしまうので、今度は大量に買って帰ろうと思ってます。