ホテルに呼んだマッサージ・・・

<高雄美麗島駅>
<高雄美麗島駅>

 

10月の台湾で、高雄滞在中にホテルにマッサージを呼んだ時のお話しです。。

 

以前にも高雄のアンバサダーホテルに泊まっていた時の夜にマッサージを頼んだ事があり、

その時の記憶だと「マッサージ代が安いなぁ~」と思ったのを思いだして、

10月の台湾では体調が悪かった事もあり、夜にホテルに頼んでマッサージを呼んでもらいました。

 

<高雄福華大飯店>
<高雄福華大飯店>

 

ホテルのフロントには「女性でお願いします」とだけ告げて、部屋で待っていました。

 

程なくマッサージ師さんが来てドアを開けると、以前にアンバサダーホテルに泊まった時に頼んだマッサージ師と同じ

盲目の年配の女性がドアの前で立っていました。

「あっ 同じ人だ!」と思って、安心して部屋の中に招きいれて、マッサージを初めてもらいました。

 

<台北西門町おもしろ看板>
<台北西門町おもしろ看板>

 

マッサージが始まって暫くして、マッサージ師の女性はしきりにyumeizuに話かけてきました。

もちろん台湾語で話かけられるので、疲れていることもあり何を言っているのかもよくわからず、

うつ伏せになった状態で黙って聞いていたんです。

 

<高雄のマッサージ店>
<高雄のマッサージ店>

 

はっきり言って、この盲目の女性のマッサージはおせいじにも上手とは言えず、今回も前回同様

半分ボランティアだと思って、マッサージを受けていました。

 

<フェリーから見た高雄の街>
<フェリーから見た高雄の街>

 

マッサージが終わって、料金を払う時になって、ホテルに聞いていたのが1,000元(約3,000円)

(アンバサダーホテルの時は確か500元だったかと)だったのが、

マッサージ師の女性は1,400元だと言うのです。

「ん?ん?なんで、1,000元じゃないの???」と、その事を彼女にうまく伝えることも出来ず、

仕方なく1,400元支払ったんです。

 

<高雄西子湾の夕焼け>
<高雄西子湾の夕焼け>

 

マッサージ師の女性が帰ってから、どうも納得がいかずベットの上に座りこんで考えていると、

「あっ!そうか!わかった!」

 

彼女がyumeizuにしきりに喋っていた内容は、「時間延長しないか?400元追加になるけどいいですか?」

とyumeizuに聞いていたんだ。

はっきり断りの意思を伝えなかったyumeizuに対し、彼女は延長してもいいんだと都合の良いように解釈し

1000元のところを1400元請求したというわけであります。

 

<足裏マッサージ前の足湯>
<足裏マッサージ前の足湯>

 

これは、ダメですね! 言葉の分からない外国の人相手に勝手に説明して規定料金以上の料金を請求するのは

ルール違反ですし、台湾に対するイメージも悪くなります。

ホテルにこの事を報告しようと思ったのですが、つい忘れて帰国してしまいました。

 

<台北市顔の産毛取り>
<台北市顔の産毛取り>

 

台湾でマッサージを受ける時はお店で受ける事をお薦めします。

それもなるべく店舗が綺麗で、料金設定がメニューになって入店時にちゃんと提示してくれるところを

選んで下さい。

 

<淡水の街のマッサージ店>
<淡水の街のマッサージ店>

 

台湾マッサージに対する厳しい意見をネットなどの書き込みでよく見かけますが、

たまたま、担当のマッサージ師の人がよくなかっただけで、台湾のマッサージがすべて良くないと思われるのは

足裏マッサージ大好きyumeizとしてはとても残念です。

 

台湾には適正価格でとても確かな技術を持つマッサージ師がいるマッサージ店も沢山ありますので、

日本人観光客の方には台湾マッサージの良さをぜひ体験してみてほしいです。