台南の八田與一像破壊される

<烏山頭ダムの八田與一像>
<烏山頭ダムの八田與一像>

 

台湾台南にある八田與一像の首がチェーンソーで切断されたニュースを4月17日にネットで見てびっくり。

もっとも台湾人に愛されている日本人の八田與一さんがこんな目にあうなんて

最初は信じられないと思いつつ記事を読んでいると、

 

<八田與一記念館にあった八田氏学生時代>
<八田與一記念館にあった八田氏学生時代>

 

犯人は中華統一促進党という中国との統一を目指す政党の所属の男 

李承龍と同じ党の邱晉芛という女性の二人組が犯人です。

 

中華統一促進党の母体はマフィアとも言われていて、かなりブラックな政党のようですね。

 

<八田與一記念館の八田氏家族写真>
<八田與一記念館の八田氏家族写真>

 

この間は台湾に入り込んでいる中国スパイ5000人というニュースもネットで見ましたが、

台湾を飲み込んでしまいたい中国は、台湾の政界や経済界にスパイを送りこんで、

台湾を中国にしようとあの手この手で仕掛けていると思うと背筋が寒くなります。

 

 

犯人は元台北市議会議員という事も恐ろしいですが、日本と台湾がより近づいていくことを良しと

しない台湾人もいることも事実ですし、親日の台湾の裏には反日の人達もいる事を知っておかなければ

いけません。

 

 

5月8日の八田さんの命日には烏山頭ダムで慰霊祭が毎年行われていますが、

今年の慰霊祭までには八田さんの像を修復すると台南市の頼 清徳市長は発表されました。

心強い限りです。

 

 

八田與一さんは台湾の日本統治時代に台湾南部の旱魃で作物も育たない嘉南平野に烏山頭ダムを造り、

嘉南平野一帯に細かい水路を張り巡らせました。

この業績のお陰で不毛の地だった嘉南平野が大穀倉地帯に変貌し、台湾南部の農民の人達の生活は潤ったのです。

 

台湾の南部で獲れる美味しい果物や野菜、お米は八田さんの業績によるところが大きく

そのことを台湾の人達は忘れず、教科書でも八田さんを紹介しその業績を大きく評価してくれています

 

<烏山頭ダム記念公園内の当時の職員宿舎>
<烏山頭ダム記念公園内の当時の職員宿舎>

 

今年の八田與一さんの慰霊祭はいつもより話題になりそうですね!

 

物は破壊することはできますが、人の心はチェーンソーでは破壊できません。

日本と台湾の絆は鋼の絆で繋がっていますから・・・